バスの回数券を知る

バスの回数券を使いこなす

バスの回数券の使い方

バスの営業所や案内所では乗車時に使用することができる回数券が販売されていることがあります。この券の使い方は発行している会社によって異なり、大別すると前払い制と後払い制があります。前払い制の場合は、バスに乗車した時点で、乗車する区間の運賃に相当する額の回数券を運賃箱に入れて乗車します。後払い制の場合は、基本的には通常の乗車方法と同じとなっています。まず乗車するときに出入り口付近にある整理券発行機から整理券を取り、そして降車するときに現金の代わりに、乗車した区間に相当する額の券を運賃箱に入れて降車します。

路線バスの回数券について

路線バスには、各社で回数券を発行している場合が多いです。この魅力は通常1,000円で1,100分の券が購入できることです。割引率は9.1パーセントになります。毎日通勤や通学で利用する場合には定期券が便利で費用的にも有利ですが、不定期に路線バス使用する場合には回数券がお得です。なお、区間を限定した定期券とは違い、その会社の路線であれば、どの区間でも利用できます。使い方は前払いの場合には乗車時に運賃箱に必要金額相当分の券を入れます。また、後払いの場合には乗車時に整理券を受けとり、降車時に整理券とともに必要金額相当分の券を運賃箱に入れます。

バスの回数券の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © バスの回数券を使いこなす All rights reserved